9月12日の新聞

今日は、患者さんの絵手紙の絵が読売新聞の紙面に載りました。

以前、ブログで紹介した絵手紙の本をくださった恵子さんです。

わざわざ、載った新聞を彼女が、診療所に届けて下さいました。

少し前、治療後、今度、新聞に載ることになったけど、いつかわからないと話していました。

だから、実際、載ってる新聞を受け取って、とってもなんだか自分のことのように嬉しかったです。

絵手紙なので、紙面の都合で字が削除されたことは、残念でした。

白黒だけど、きっと綺麗な色で塗ってあったんでしょうね。

患者さんの活躍は楽しいです。

パソコンが来た

慰労金の申請をするとき久しぶりにパソコンをいじったが、あまりに重くなっていて、動かないので、新しいものを買うことにした。

Amazonで、ぽちっとしたら、今日届いた。

9月のはじめと言っていたので、今日来るとは思わなかった。

HPのELITEBOOK なんだけれど、結構いいのを買ったつもり。

スマホのように、マウスなしで、画面タッチで、サクサク動くので、面白いし、早く動くので、うれしかった。

とりあえず、ウイルスソフトを入れて、メールを使えるようにした。

でも、データーは、まだ、移行していないし、ソフトも、移行が済んでいない。

これから、少しずつ、世話をしないといけないけれど、弟が、詳しいので、助けてもらう予定。

実物見たわけでなくて、買ったのだけれど、軽いし、デザインも、色も素敵なので、満足している。

パソコンは、二年ぐらいで、買い替えないといけないみたいなので、仕事で使うけれど、このパソコンとも、そう長く使うわけでなく、新しいのを買うんだろうな。

ちょっと今から寂しい気持ちがしている。

診療と音楽の日々

8月は、毎日、暑い日が続いています。

患者さんが、来てくださることに、感謝しています。

コロナで大変な方もたくさんいらっしゃいますし、うちも医療機関なので、感染対策に、経営にと、不安材料は、大きいです。

暇なときに、不安にとらわれると、いけないので、フルート吹いたり、ピアノ弾いたり、いっとき、頭を空っぽにするときがあります。

ジムも、少しづつ続けていますが、体にいいことやろうとしないと、いくらでも怠けて、不健康になってしまいます。

診察室の奥の部屋で、フルート眺めて、その姿に見惚れたり、音楽聞いて、楽しむのも、今の時代、大切なストレス解消の方法です。

きっと、みんな、それぞれ、楽しいことはあると思います。

辛く苦しいときに、あんまり直視して、頑張っちゃうよりも、上手にやり過ごして、前向いて生きたいですね。

お盆

コロナで世間は騒がしいですが、診療所は、いつもと変わらなくて、診療はしています。

うちの診療所は、一時間に一人という具合で、予約制で、時間は守るほうなので、待合室には、患者さんの家族以外ほとんどいませんので、3密になることは、ほとんどないのは、昔からです。

先月は、暇でしたが、今月は、なぜか、患者さんが、多数来院してくださっています。

おかげで、経営的には、助かっています。ありがたいことです。

お盆であっても、東京都民は、なかなかコロナの影響を広げる恐れがあるため、田舎には、帰りにくい状態であるためか、あんまり、影響は感じられないでいます。

材料屋さんや、技工士さんたちや、スタッフが、休みに入るので、私一人、ちょっと寂しい気がしています。

私には、父が、大学三年の冬に亡くなっていて、お墓参りに行くべきなのですが、母も、行かないで、仕事をするように言うし、もう何年も墓参りしていません。父が亡くなったときは、北海道にいて、死に目には会えませんでした。親不孝を絵にかいたような娘ですね。

仕事をして、少しでも、人様の役に立つことが、供養かもしれませんね。

といいうわけで、毎年、ほとんど、お盆の時期にも、仕事をしています。

診療所に、今日、花を買ってきて、受付に飾りました。

ピンクのバラです。

ちょっと寂しい時期に、慰めになるように。

さて、話は変わりますが、私は、早いもので、亡くなった父の年齢を超えて、来年還暦を迎えます。

いち早く、還暦を、最近迎えられた患者様の恵子さんが、自費出版した本をくださいました。

これは、恵子さんの趣味の絵手紙の本なのですが、中を開けると、ページがすべて年賀はがきになっていて、めでたいような明るい絵が、たくさん載っています。

この本の赤い色は、還暦を記念して、赤いちゃんちゃんこのかわりに、選んだのだそうです。

素敵なプレゼントでした。ありがたいです。

還暦を、来年に控え、私も何か記念にできたらいいなあと思います。

一年一年が、早く過ぎ去る今日この頃ですが、あっという間に、来年は来るでしょう。

今のところ、一か月半経過して、4キロぐらい体重が減りました。

来年までに、標準に戻して、赤いワンピース、洋裁で、作ってみようかしら。

本は、敷居が高そうなので、自分でできることを探したいです。

素敵な恵子さんの真似をして、ちょっと考えてる今日この頃です。

皆様、暑さが続きますが、お元気で!

ベートーヴェンと私

今年は、ベートーベン生誕250年です。コロナのおかげで、大変な年になってしまいました。

私は、今年のフルートの発表会で、ベートーベンのバイオリンソナタ春を演奏するつもりでした。とっても素敵な曲です。それが、中止になってしまいました。とても残念です。

このバイオリンソナタは、のだめカンタービレという漫画の中で、峰君というバイオリニストが、大学の試験で、演奏するというのが出てきて、真一君が、伴奏をしたのです。

春は、青春の春といわんばかりに、熱い演奏でした。

フルートで演奏すると兎角ふわふわした演奏になりがちだそうですが、どうでしょうね。ベートーベンの国の人たちにとっての春は、日本の春と違って、長く暗い冬が明けて、躍動感と、生命力に満ちた季節らしいのです。

沸き起こる幸福感というのか、そういう感じを、私は、北海道の大学時代に経験しているので、そういうことが、表現できたらと思うのです。

今年、フルートは発表会はありませんが、来年は、たくさん練習して、いくらかでも、素人ながら、理想にちかづきたいものです。

さて、今年、フルートの発表会はなくても、ピアノの発表会が、もしかして、クリスマスにありそうです。

大人の発表会は、来年2月7日ですが、その前に、クリスマス会があるそうで、その時に、やはり、ベートーベンのピアノソナタ悲愴第二楽章を弾こうとたくらんでいます。

最近、診療所のユーセンで、この曲をチェロで、演奏したものが流れてきて、とても良かったので、私が、自分の手で、演奏できたらいいなあと思って、ピアノの先生に相談したら、いいよというので、やることにしたのです。

それは、最近練習を始めたので、間に合うかどうかわかりませんが。

これも、のだめカンタービレに登場するのですが、のだめが、口ずさんでいるのが、耳に、残っています。

それはともかく、悲愴は、深い悲しみを意味する、ベートーベンが、名付けたピアノソナタだそうで、暗いと思っていたら、何とも、穏やかで、まるで、天国を、夢見て、現実の世界から、逃避しているのではないかと思うほど、苦しみや、悲しみを、突き抜けたような境地を表しているような気がします。

コロナウイルスや、天災で、亡くなった方や、仕事がなくて、生活が苦しい方も多いことでしょう。そんな時代に、この曲を演奏することで、いくらか、慰めを、感じたいなあと思うのです。

暗いニュースが多いですね。

テレビを見るのがつらいほどです。

うちの診療所は、幸いにして、患者さんが来てくださり、感謝しています。おかげで、まだしばらくは、続けることができそうです。

音楽で、心を落ち着けて、毎日の診療、頑張ります。

日々感謝しています。ありがとうございます。

健康管理

7月に入って、近所のジムに入会しました。

コロナウイルスの影響か?7月に入って、診療所は暇になりました。

少し体力的に余裕があることもあって、やってみようということになりました。

栄養学の勉強もしてるけど、運動はしてませんでした。

体脂肪を減らすためには、有酸素運動が必要とはわかっていましたが。

とりあえず近所のルネサンスというジムに入って、スタッフに聞いて、やってみたのです。

入会すると、スマホにアプリをいれますが、カロママプラスというのがあって、ゲーム感覚で、食事を写真とって送ったり、体重や体脂肪を入力したりしたり、運動を入力したり、すると面白いことに、体重も減ってきて、10日位で1.7キロ減りました。

運動は、ストレッチ、有酸素運動30分、筋トレ💪3種、ストレッチぐらいなんですが、アプリの食事指導のアドバイスが結構面白くて、それに気を付けて、やっていきました。

アドバイスは、栄養の勉強をしたことで、納得できることは多くて、私には励みになっていいです。

スタッフは親切で、聞けばよく教えてくれますし、声もかけてくれて、とっても感じがいいです。

まだ9日しか経ってないけど、一生できる健康管理として習慣作りできたらいいなあと思っています。

フルートのレッスンも始まり、ピアノのレッスンもあるし、だんだん、楽しみがまたできるようになってきました。

仕事も含めて、いろいろ活動できるためには、健康管理が欠かせません。

食事も運動もいい習慣を身につけて、健康になりたいと思っています。

コロナウイルスにも負けないように。

10万円の使い道

国から支給されるお金を私は、女子栄養大学の通信講座に使うことに決めて、まだ振り込まれもしないのに、5月の始め申し込み、8日から勉強を開始しました。

今月、1ヶ月経過し、3冊あるテキストを通読し、第一回目の報告書を提出しました。

どうして、そんなことになったかというと、太りすぎているためダイエットしたかったからで、必要な栄養を定量的に知りたかったということなんです。

ダイエットの本はたくさんあります。でも、カロリーで、消費よりも取り込みが多いと太ることはわかっても、栄養の偏りによる飢餓感があるために、結局リバウンドしたり、体調が悪くなるんじゃないかと思ったりしたので、抽象的で分かりにくい栄養バランスも定量的な数値で知りたかったということなんです。

勉強を開始してみたら、目から鱗で、本当にこうしたらいいというものがあるんですね。

お金を払ったために得られる知識ってあるもので、ありがたいなあと思いました。

一ヶ月が過ぎ体重は変わらないのに、サイズ的に減ったことは驚きでした。まだ、記録つけて、栄養素の種類を整えることしか出来ていませんけど。

少しずつ量を調整できるようになりたいと思っています。

コロナウイルスのお陰で、昔からやりたいと思ったことにチャレンジできて、ありがたいです。

4月には少なくなった患者さんも、5月の後半急に増えて、自費も入って、経営的に大変なこともあるけれど、患者さんが増えてきてありがたいです。

暇なとき、楽してた分、今は、体が大変ですが、やがて適応できるでしょう。

ピアノのレッスンも再開されましたし、フルートにレッスンももうすぐ始まるのではと期待しています。

だんだん、日常が以前に戻ったらいいなあと願うこの頃です。

夢ノート

新緑の季節となりました。コロナのために、ステイホームを余儀なくされ、来院患者さんも減っています。

自粛要請はないものの、うちの歯科医院は、予約がない時は、閉めて、帰ったりしています。

でも、もし、電話が診療所に会ったら、院長・私のスマホに転送されますので、何かあったら、お知らせください。

趣味のフルートや、ピアノのレッスンも延期になって、実家にも帰ることがなくて、今は、診療所近くに住んで、ステイホームしていますから、緊急対応は、できると思っています。

さて、ステイホームしている間に、石黒由美子さんの書かれた「奇跡の夢ノート」という本を読みました。

石黒さんは、北京オリンピックシンクロ日本代表選手で、大きな交通事故にあわれて、順風満帆とはいえない状況を乗り越えて、オリンピックに出るという夢をかなえた方です。

この本は、勝者の自慢話というのではなく、彼女を支えた、周りの方たちや、夢ノートの話が、とっても面白かったです。

夢ノートは、中山庸子さんの書かれた本で、昔読んでいましたが、実際、これを活かして、夢を実現した人の話を、知らなかったので、軽んじていたことは確かです。

また、自分の夢を書き出すなんて、恥ずかしいと感じていたことも確かです。

でも、やってみたら、楽しいかもっと思って、数日前から、書いてみたりしています。

お金もそんなにかからないし、勇気さえあれば、できることです。

すると、結構、今まで、漠然と頭の中をぐるぐるしていたものが、明確になってきてました。

書くって、人に見せないのであれば、そんなに恥ずかしくもないし、楽しいですね。

夢がいつかかないますように。

この本を読まれた方、夢ノートを作ることを、実行して、たくさんの夢の花が、咲きますように。

ともすれば、暗くなりがちな、今日この頃ですが、そんな楽しみ方もあるよというご紹介でした。

新年度始まる

4月になりました。

桜が咲いています。

多くの人にとって、新しい生活が、始まるときです。

まだ、コロナウイルスが、ひろがって、亡くなる方が増えていますが、明るく乗りこえていきましょう。

今、この時を大事に、一生懸命生きて、楽しみましょう。

生活に制限はあるけれど、インドアもなかなか良いものです。

新型コロナウイルスの収束を願う

今の日本は、外の空気も安心して吸えなくなったのか?

毎日、診療所の通う時も、実家に帰る時も、電車やバスに乗る時も、マスクを着用しなくてはいけません。

診療所の使い捨てマスクは、まだあるけれど、普段は、自分で、布マスクを作って、着用しています。

花粉症の時期で、コロナにかかっていなくても、くしゃみが出る人は、多いと思いますが、周りが、ピリピリしているので、そういう人にとって、つらいものがありますね。

診療所は、いつも、一時間に一人なので、かなりゆるゆるの感じであるせいか、いつになく、患者さんが来てくださり、忙しいです。

予約は、結構埋まって、受信を断るケースも出てしまい、ストレスが溜まります。

確定申告の書類は、出し終えましたが、レセプト書きがまだあって、事務仕事は、なかなかはかどりません。

春眠暁を覚えずという言葉があるけれど、どうかすると眠くて、だるくて、かったるいです。

仕事は忙しいけれど、趣味のピアノや、フルートは、レッスンが、お休みで、つまらないです。

そんな中、アマゾンで、あこがれていたフィスラー圧力鍋が、セールで、売っていて、思わず、ぽちっとしてしまいました。

圧力なべで、まず、鶏肉のトマト煮をつくりました。

自分でも、おいしいと思いましたが、実家にもっていったら、母も、弟もおいしいといってくれました。

また、ご飯も、炊いてみましたら、おこわみたいな、プチっとした炊き上がりで、新感触でした。こういうのもいいかも。

次に、牛肉とごぼうの炊き込みご飯を作ってみました。

これは、おいしくて、ご飯をたくさん食べてしまいます。

そんなわけで、食べる楽しみは、圧力鍋のおかげで、増しました。

しばらく、楽しめそうです。

世間が、いろいろ騒がしいですが、めげずに、楽しく生きていきます。

それで、死んだら、その時は、しょうがないと諦めます。