若葉の季節

桜は散ってしまいましたが、若葉の美しい季節になりました。

コロナの影響で、どこに行くわけではないけれど、去年とは違って、フルートやピアノにレッスンがあって、毎日、楽しく過ごしています。

診療所は、4月にやっと、少しひまができて、体力と気力に余裕ができてきました。

それで、女子栄養大学の通信講座の勉強も進むようになり、今日は、3回目の報告書を郵便ポストに投函できました。今の専門コースは、はじめ受けた一般コースと比べて、実習はなくて、主に理論なのですが、今まで曖昧だったことや知らなかったことが、わかってくるのは、面白いです。実践というか、生活にいかせたらいいなあと思います。歯科もそうなんですが、栄養も、より良く生きるということに関わっているので、楽しく勉強できます。

それから、勉強ではないけど、少し前に流行っていた、鬼滅の刃のコミックを読んでみることにしました。今日、Amazonで、全巻届いたので、読み始めました。23巻もあるのだけど、面白くて、すぐに読む終わりそうです。噂では、感動して泣けるっていうから、楽しみです。

コロナで、出かけることは控えるけど、楽しみ見つけて、過ごして生きます。

季節は、明るくて、気候も温かくなってきて、気持ちのいい日が、多くなってきました。人生も充実して、楽しいので、今、こうして過ごせることは、昔、実現できるとは想像できなかったけど、幸せだなあと思います。

皆様も、いい人生でありますように。

歯科の仕事もそのためのお手伝いができることを信じています。

桜🌸咲く

ひざしが、強く、温かく、春らしい季節になりました。

桜が満開を少し過ぎて、散り始め、東綾瀬公園の水辺に、花弁が浮かんで、道には花びらの絨毯ができ、風が吹くと、花弁が舞い綺麗ですね。

花粉症のかたには、大変でしょうが、私は、なんとか軽くすんでいます。

こんなに、素敵な季節に、一人友人がなくなりました。

もうすぐ誕生日だったので、お祝いしようと計画していたのですが、残念です。

ところで、今年、フルートの発表会が行われることになりました。

楽しみです。

10月17日です。

何を吹くかは未定です。

良いことも悪いこともありますので、心がざわついています。

そんな季節です。

皆さんに、良いことありますように。

春の訪れ

梅の咲く季節になりました。

実家の母が、実家に咲いた梅の花を見に来ないのかというので、行ってきました。

上の写真は、その時撮ったものです。

まだまだ、寒い日は多いですが、確実に暖かい日も多くなってきて、日差しも明るくなってきましたから、どうしても、春が感じられて、薄着したくなります。

寒暖差が激しいので、体調を崩される方も多いと思います。

コロナが流行っているこの頃ですので、体調には気をつけましょうね。

さて、私の2月のピアノの発表会も終わりました。

今年は、何とか崩壊を免れて、最後まで、何とか弾くことができました。

一年で、人前で演奏することは、もう終わりかもしれません。

でも、また、来年は、ピアノもフルートももっとうまくなって、楽しめたらいいなあと思います。

自分の足で、たどり着く世界は、どんなものか、試してみたいです。

それがたとえ、取るに足らない小さな世界であったとしても。

今年で、還暦を迎えます。

何か記念になることをしたいと思っています。

春になって、もう、梅が咲いていると思うと、時がたつのは早いですね。

桜ももうすぐ咲くでしょう。

楽しみです。

令和3年 あけましておめでとうございます。

新しい年になりました。コロナの影響が心配ですが、自分にできる限り、仕事も趣味も楽しくやっていきたいと思っています。

国の政策のおかげで、助成金が出て、タービンを人ごとに交換できるようになりました。

また、超音波洗浄機なども買うことができ、診療所の衛生状態が、向上しました。

これからも、もっと改善をして、清潔安心の医療を提供し、結果を早く出せるように努めていきます。

歯科診療所というのは、感染症対策が、大事であることは、昔からです。

肝炎や、エイズや、梅毒に、結核など、たくさんの病気を持った患者さんがいます。

だからこそ、コロナでなくても、器具を滅菌消毒することは、あたりまえですし、タオルや、エプロンなども、洗濯して、人ごとにかえています。

うちの診療所の場合、一時間に1人という予約の取り方ですので、3密にならないし、治療以外の時間は、チェアの清掃などに時間と手間とかけています。

それでも、もし、自分が感染するとしたら、しょうがないです。

覚悟を決めて、診療をするしかありません。

生きているうち、楽しく過ごし、何があっても、悔いが残らないようにしていきたいと思っています。

今年、院長、私は、還暦を迎えます。開業して、17年目に入りました。

節目の年に、何か記念になることをしたいと思っています。

皆様、よろしくお願いします。

年の終わりに

皆様、お元気でしょうか?

コロナの影響で、今年は、経済的にも生活上も大変な年となってしまいました。

こんなことを去年の今頃全然予想もしていませんでした。

うちの歯科医院は、どうにか、経営的にも皆様が来てくださるおかげで、なんとかなっています。

今年は、国から、慰労金やら、支援金やら、給付金やら、不労所得をたくさんいただいて、驚いています。

こんなことって、ないことですから。

異常な年であったと思います。

私は、これらのお金を、診療所の備品をそろえたり、女子栄養大学の通信教育を受けるために使ったり、母や弟を連れての草津旅行に行ったりすることに使いました。

健康を考えて、ジムのルネッサンスにかよったりもしました。

今は、コロナにかかることもなく、元気に過ごしています。

毎年、参加していた、吹奏楽の演奏会も中止となり、聞きに行くコンサートもなかなかなくて、寂しい年ではありました。

来年の事を言えば鬼が笑うといいますが、早くコロナが終息したらいいなあと思っています。

2月には、ピアノの発表会が予定されています。

今回は、ベートーヴェンのピアノソナタ悲愴から、第二楽章を弾く予定です。

まだまだ、うまく弾けません。

でも、そんことを楽しみに、日々過ごしています。

それから、今年年末に近く、開業当初働いてくださって、大変お世話になった衛生士さんが、72歳という若さで亡くなってしまいました。

ご冥福を祈っています。

開業して、17年目に入ります。

今思えば、長いようで、短い年月でした。

開業前から、私が診ていた患者さんが、今も来てくださり、付き合いも20年ぐらいになりますねえなんて、話しています。ありがたいことです。

どんな未来が、待ち受けているかわかりませんが、縁を大事に、精一杯、仕事をしていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

草津旅行に行きました

11月3日と4日の一泊2日で、草津温泉に行ってきました。

弟と母と私の3人で、昨年買った車に乗って、出かけました。

昨年は、せっかくペーパードライバーを脱して、運転できるようにしたのですが、高速は乗りなれていないので、弟に運転を頼みました。

紅葉が始まったばかりで、大変美しい紅葉の中、ドライブはとても楽しいものでした。

草津温泉で有名な湯畑も見ることができました。

ホテルもGo to トラベルのために、安く泊まることができて、しかもクーポン券が付いていて、お土産などを買うことができるお得な旅行でした。

温泉も大変気持ちがよくて、夜中の3時に入りに行ったら、誰もいなくて、貸し切り状態という、大変贅沢な旅行になりました。

なかなか、時間を取って、仕事休んでの旅行は、できないですが、また、母も弟も私も元気なうちに、旅行をしたいと思いました。

9月12日の新聞

今日は、患者さんの絵手紙の絵が読売新聞の紙面に載りました。

以前、ブログで紹介した絵手紙の本をくださった恵子さんです。

わざわざ、載った新聞を彼女が、診療所に届けて下さいました。

少し前、治療後、今度、新聞に載ることになったけど、いつかわからないと話していました。

だから、実際、載ってる新聞を受け取って、とってもなんだか自分のことのように嬉しかったです。

絵手紙なので、紙面の都合で字が削除されたことは、残念でした。

白黒だけど、きっと綺麗な色で塗ってあったんでしょうね。

患者さんの活躍は楽しいです。

パソコンが来た

慰労金の申請をするとき久しぶりにパソコンをいじったが、あまりに重くなっていて、動かないので、新しいものを買うことにした。

Amazonで、ぽちっとしたら、今日届いた。

9月のはじめと言っていたので、今日来るとは思わなかった。

HPのELITEBOOK なんだけれど、結構いいのを買ったつもり。

スマホのように、マウスなしで、画面タッチで、サクサク動くので、面白いし、早く動くので、うれしかった。

とりあえず、ウイルスソフトを入れて、メールを使えるようにした。

でも、データーは、まだ、移行していないし、ソフトも、移行が済んでいない。

これから、少しずつ、世話をしないといけないけれど、弟が、詳しいので、助けてもらう予定。

実物見たわけでなくて、買ったのだけれど、軽いし、デザインも、色も素敵なので、満足している。

パソコンは、二年ぐらいで、買い替えないといけないみたいなので、仕事で使うけれど、このパソコンとも、そう長く使うわけでなく、新しいのを買うんだろうな。

ちょっと今から寂しい気持ちがしている。

診療と音楽の日々

8月は、毎日、暑い日が続いています。

患者さんが、来てくださることに、感謝しています。

コロナで大変な方もたくさんいらっしゃいますし、うちも医療機関なので、感染対策に、経営にと、不安材料は、大きいです。

暇なときに、不安にとらわれると、いけないので、フルート吹いたり、ピアノ弾いたり、いっとき、頭を空っぽにするときがあります。

ジムも、少しづつ続けていますが、体にいいことやろうとしないと、いくらでも怠けて、不健康になってしまいます。

診察室の奥の部屋で、フルート眺めて、その姿に見惚れたり、音楽聞いて、楽しむのも、今の時代、大切なストレス解消の方法です。

きっと、みんな、それぞれ、楽しいことはあると思います。

辛く苦しいときに、あんまり直視して、頑張っちゃうよりも、上手にやり過ごして、前向いて生きたいですね。

お盆

コロナで世間は騒がしいですが、診療所は、いつもと変わらなくて、診療はしています。

うちの診療所は、一時間に一人という具合で、予約制で、時間は守るほうなので、待合室には、患者さんの家族以外ほとんどいませんので、3密になることは、ほとんどないのは、昔からです。

先月は、暇でしたが、今月は、なぜか、患者さんが、多数来院してくださっています。

おかげで、経営的には、助かっています。ありがたいことです。

お盆であっても、東京都民は、なかなかコロナの影響を広げる恐れがあるため、田舎には、帰りにくい状態であるためか、あんまり、影響は感じられないでいます。

材料屋さんや、技工士さんたちや、スタッフが、休みに入るので、私一人、ちょっと寂しい気がしています。

私には、父が、大学三年の冬に亡くなっていて、お墓参りに行くべきなのですが、母も、行かないで、仕事をするように言うし、もう何年も墓参りしていません。父が亡くなったときは、北海道にいて、死に目には会えませんでした。親不孝を絵にかいたような娘ですね。

仕事をして、少しでも、人様の役に立つことが、供養かもしれませんね。

といいうわけで、毎年、ほとんど、お盆の時期にも、仕事をしています。

診療所に、今日、花を買ってきて、受付に飾りました。

ピンクのバラです。

ちょっと寂しい時期に、慰めになるように。

さて、話は変わりますが、私は、早いもので、亡くなった父の年齢を超えて、来年還暦を迎えます。

いち早く、還暦を、最近迎えられた患者様の恵子さんが、自費出版した本をくださいました。

これは、恵子さんの趣味の絵手紙の本なのですが、中を開けると、ページがすべて年賀はがきになっていて、めでたいような明るい絵が、たくさん載っています。

この本の赤い色は、還暦を記念して、赤いちゃんちゃんこのかわりに、選んだのだそうです。

素敵なプレゼントでした。ありがたいです。

還暦を、来年に控え、私も何か記念にできたらいいなあと思います。

一年一年が、早く過ぎ去る今日この頃ですが、あっという間に、来年は来るでしょう。

今のところ、一か月半経過して、4キロぐらい体重が減りました。

来年までに、標準に戻して、赤いワンピース、洋裁で、作ってみようかしら。

本は、敷居が高そうなので、自分でできることを探したいです。

素敵な恵子さんの真似をして、ちょっと考えてる今日この頃です。

皆様、暑さが続きますが、お元気で!