10万円の使い道

国から支給されるお金を私は、女子栄養大学の通信講座に使うことに決めて、まだ振り込まれもしないのに、5月の始め申し込み、8日から勉強を開始しました。

今月、1ヶ月経過し、3冊あるテキストを通読し、第一回目の報告書を提出しました。

どうして、そんなことになったかというと、太りすぎているためダイエットしたかったからで、必要な栄養を定量的に知りたかったということなんです。

ダイエットの本はたくさんあります。でも、カロリーで、消費よりも取り込みが多いと太ることはわかっても、栄養の偏りによる飢餓感があるために、結局リバウンドしたり、体調が悪くなるんじゃないかと思ったりしたので、抽象的で分かりにくい栄養バランスも定量的な数値で知りたかったということなんです。

勉強を開始してみたら、目から鱗で、本当にこうしたらいいというものがあるんですね。

お金を払ったために得られる知識ってあるもので、ありがたいなあと思いました。

一ヶ月が過ぎ体重は変わらないのに、サイズ的に減ったことは驚きでした。まだ、記録つけて、栄養素の種類を整えることしか出来ていませんけど。

少しずつ量を調整できるようになりたいと思っています。

コロナウイルスのお陰で、昔からやりたいと思ったことにチャレンジできて、ありがたいです。

4月には少なくなった患者さんも、5月の後半急に増えて、自費も入って、経営的に大変なこともあるけれど、患者さんが増えてきてありがたいです。

暇なとき、楽してた分、今は、体が大変ですが、やがて適応できるでしょう。

ピアノのレッスンも再開されましたし、フルートにレッスンももうすぐ始まるのではと期待しています。

だんだん、日常が以前に戻ったらいいなあと願うこの頃です。

夢ノート

新緑の季節となりました。コロナのために、ステイホームを余儀なくされ、来院患者さんも減っています。

自粛要請はないものの、うちの歯科医院は、予約がない時は、閉めて、帰ったりしています。

でも、もし、電話が診療所に会ったら、院長・私のスマホに転送されますので、何かあったら、お知らせください。

趣味のフルートや、ピアノのレッスンも延期になって、実家にも帰ることがなくて、今は、診療所近くに住んで、ステイホームしていますから、緊急対応は、できると思っています。

さて、ステイホームしている間に、石黒由美子さんの書かれた「奇跡の夢ノート」という本を読みました。

石黒さんは、北京オリンピックシンクロ日本代表選手で、大きな交通事故にあわれて、順風満帆とはいえない状況を乗り越えて、オリンピックに出るという夢をかなえた方です。

この本は、勝者の自慢話というのではなく、彼女を支えた、周りの方たちや、夢ノートの話が、とっても面白かったです。

夢ノートは、中山庸子さんの書かれた本で、昔読んでいましたが、実際、これを活かして、夢を実現した人の話を、知らなかったので、軽んじていたことは確かです。

また、自分の夢を書き出すなんて、恥ずかしいと感じていたことも確かです。

でも、やってみたら、楽しいかもっと思って、数日前から、書いてみたりしています。

お金もそんなにかからないし、勇気さえあれば、できることです。

すると、結構、今まで、漠然と頭の中をぐるぐるしていたものが、明確になってきてました。

書くって、人に見せないのであれば、そんなに恥ずかしくもないし、楽しいですね。

夢がいつかかないますように。

この本を読まれた方、夢ノートを作ることを、実行して、たくさんの夢の花が、咲きますように。

ともすれば、暗くなりがちな、今日この頃ですが、そんな楽しみ方もあるよというご紹介でした。

新年度始まる

4月になりました。

桜が咲いています。

多くの人にとって、新しい生活が、始まるときです。

まだ、コロナウイルスが、ひろがって、亡くなる方が増えていますが、明るく乗りこえていきましょう。

今、この時を大事に、一生懸命生きて、楽しみましょう。

生活に制限はあるけれど、インドアもなかなか良いものです。

新型コロナウイルスの収束を願う

今の日本は、外の空気も安心して吸えなくなったのか?

毎日、診療所の通う時も、実家に帰る時も、電車やバスに乗る時も、マスクを着用しなくてはいけません。

診療所の使い捨てマスクは、まだあるけれど、普段は、自分で、布マスクを作って、着用しています。

花粉症の時期で、コロナにかかっていなくても、くしゃみが出る人は、多いと思いますが、周りが、ピリピリしているので、そういう人にとって、つらいものがありますね。

診療所は、いつも、一時間に一人なので、かなりゆるゆるの感じであるせいか、いつになく、患者さんが来てくださり、忙しいです。

予約は、結構埋まって、受信を断るケースも出てしまい、ストレスが溜まります。

確定申告の書類は、出し終えましたが、レセプト書きがまだあって、事務仕事は、なかなかはかどりません。

春眠暁を覚えずという言葉があるけれど、どうかすると眠くて、だるくて、かったるいです。

仕事は忙しいけれど、趣味のピアノや、フルートは、レッスンが、お休みで、つまらないです。

そんな中、アマゾンで、あこがれていたフィスラー圧力鍋が、セールで、売っていて、思わず、ぽちっとしてしまいました。

圧力なべで、まず、鶏肉のトマト煮をつくりました。

自分でも、おいしいと思いましたが、実家にもっていったら、母も、弟もおいしいといってくれました。

また、ご飯も、炊いてみましたら、おこわみたいな、プチっとした炊き上がりで、新感触でした。こういうのもいいかも。

次に、牛肉とごぼうの炊き込みご飯を作ってみました。

これは、おいしくて、ご飯をたくさん食べてしまいます。

そんなわけで、食べる楽しみは、圧力鍋のおかげで、増しました。

しばらく、楽しめそうです。

世間が、いろいろ騒がしいですが、めげずに、楽しく生きていきます。

それで、死んだら、その時は、しょうがないと諦めます。

令和2年 新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えました。今年もスタッフとともに、楽しく仕事をしていきたいと思っています。

去年の暮、10月半ばから配り始めた今年のカレンダーは、12月には、配り終えて、患者さんの評判も良かったので、また今年もできたらと思っています。

今年は、特に変わったことをする予定ではないですが、患者さんを早く治して、また、美しい口元を作って、社会生活が、少しでも快適になるように、努めたいと思っています。お口の中は、軽視されがちですが、結構、皆さん、初対面の人の第一印象に前歯、歯並びは、直接、影響しますし、そのことで、運が変わる、特に、対人運が変わるらしいのです。

ちょっとでも、運をよくしたいと思う人は、トイレ掃除よりも、口の中を何とかしたほうがいいと思っています。

患者さんを診ていたら、ひどい状態をほっておく人で、運のいい人は、いません。たとえ、歯の数が少なくても、ちゃんとケアしている人は、社会的にも、いい感じなんです。

若いのに、虫歯をほっておく人は、かわいそうだけれど、年を取ったら、ものが食べられない苦労をすることになるし、それがどんなに悲しいことか、今言ってみたところで、わかってもらえないのが、残念です。

歯の治療は、電球の球を交換するようなわけにはいかないのであって、体が治してくれる部分があり、治療に期間と回数がかかることがあることがあります。

時間が、なかなか取れないという人もいますが、こちらも、なるべく、対応しようと努力していますので、ご相談くださればと思っています。

歯科の仕事は、なかなか、理解されないし、信頼されるまでが、大変だと思っています。

うちは、高価な医療機器がたくさんあるわけでもなく、インプラント、矯正などの、特殊な技術があるわけではありません。

それでも、来てくださる、患者さんの希望にこたえたいと思っています。

診療所は、15周年を迎えましたが、今までも、またこれからも、誠心誠意、治療をしたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。

もうすぐ新年

あと一月程で、今年が終わります。

皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

私は、12月1日にフルートのコンサートを聞きに行ったり、12月3日には、母と文楽見に行ったり、12月8日には、ピアノの発表会兼クリスマス会があります。

来年の神田小川町雪だるまフェアの吹奏楽の練習や、リベンジ合唱祭の練習なんかも始まり、遊ぶ予定で忙しいです。

体調は、なぜか、絶好調です。

今日はスタッフが、クリスマスツリーを飾ってくれました。

年末はギリギリまで、仕事をしようと思っています。

遊びも仕事も一生懸命楽しんでやります。

よろしく?✌

編み物と音楽

季節が寒くなってきたせいか、手が毛糸の温かさを求めて、診療所のロッカーにあったスタッフが買っておいた毛糸を編み始めました。スヌードを作るつもりです。

編んでいると、温もりが心地よくて、心がほっこりとします。

そして、コンサートの季節なのか?フルートの先生の出演するアンサンブルコンサートに行ったり、マーラーを演奏する水星交響楽団の演奏会に行ったり、豊かな気分になれる音楽を聴く機会に恵まれて、幸せです。

最近、毛糸だまという雑誌も、はじめて買い、カラフルな作品に、目が引き付けられて、憧れます。

編み物といい、音楽といい、楽しいと思えることが、自由にできる今って良いなあと思います。

テレビでソーイングビーというのをやっています。アマチュアの洋裁家が、腕を競う番組です。

私も影響を受けて、ブラウスつくってみました。

とりとめなく、書いてきて、そうそう?これからピアノ発表会の練習しなくちゃって、次に自分がすることに、ワクワクしてます。

カレンダー

今年も去年とは少しデザインは違いますが、カレンダーをつくって、先月の半ばからお配りしています。数は100部ほど、早いもの勝ちです。

昨年は、すぐに無くなって、自分の分もスタッフの分もなくて、来てくれた患者さんにあげてしまいました。

今年も半分以上無くなりました。

本当は、自分でも使いたいようなカレンダーなんです。

楽しみにしてくれる患者さんたちに、今年、最後のプレゼントです。

台風19号が過ぎて

土曜日朝から雨が降っていて、台風が近づいてくるといって、テレビが騒いでいましたが、怖くなって、予約をキャンセルさせていただき、急遽、休診にしました。

実は、前の日の金曜日も、午後休診しました。

台風の準備をするためでもあり、夜にあった岡本和也ピアノリサイタルを聞きに行くためでもありました。

台風は、とても大型で、スーパーが休みになるというので、食材を買っておかないといけなかったし、ピアノは、中止にはならないとメールで知ったので、行こうと思っていました。

昨日、土曜日は、いったん朝に、診療所に来たものの、すぐに帰って、家で、ずーっと過ごしました。

こんなに、家にいることは久しぶりで、私にはとても珍しいことでした。

夜が近づくにしたがって、だんだん雨風が強くなり、緊急避難勧告のメールが何度もスマホに送られてきました。

河川があふれるというのです。

自宅は、3階にあったので、命まではとられないだろうと思っていましたが、診療所は、1階だったため、流されることもあるんだろうなあと思い、ちょっと悲しく思っていました。

夜の2時に、外を見たら、月が出ていて、雨が上がっていました。

もしかしたら、大丈夫かもしれないとほっとして、でもまだ、川があふれることを心配しつつ、眠りました。

朝起きて、診療所と、駐車場の愛車を見て、ホッとしました。

怖い台風でした。

13日日曜日に行われるはずだった、野外コンサートは中止になりました。

そして、夜に予定されていたフルートのレッスンもなくなり、今日は、閑です。

テレビを見たら、確かに、大変な被害があって、台風の爪痕は、深かったです。

患者さんたちや、これを見られる方たちが、無事であることを祈っています。

前後しますが、ピアノリサイタルは大変すばらしいものでした。

台風が心配だったけれど、行って本当に良かったです。岡本和也先生は、フルートの発表会の時に、伴奏していただいたことがあったのですが、ゆっくり聞くことができなかったので、この機会に、聞くことができてよかったです。

ショパンの24の前奏曲を全曲演奏されたのもすごかったけれど、魔法使いの弟子という曲は、ディズニーの映画のオーケストラで演奏されている曲を思い出し、映像が浮かんでくるような演奏でした。

ドビュッシーの版画もよかったです。私は、今、ピアノの発表会に、ドビュッシーの夢を弾くために、練習しているのですが、揺れるような音楽の世界が、素敵だけれど、表現するのが、難しいと思っていて、サラッと弾いているように見えて、すごいなあと思いますし、表現も、深いなあと思いました。

CDがほしいと思いましたが、この音楽は、生で聞くからいいのかもしれないです。席は、自由席だったので、一番前の席で聞いていましたが、ピアノも、会場のJTアートホールの響きも、ピアニストの腕も、とてもよかったのです。

またやってくれるといいなあ、聞きに行きたいです。

このようなソロコンサートは、5年ぶりだそうです。

たくさんのお客さんが来ていましたが、若い美人のお客さんが多くて、アイドルみたいですね。

またやってくださいね。楽しみにしています。

9月の終わりに

令和元年も残すところ、3ヶ月になりました。

夏のめちゃくちゃな暑さも、少しづつ和らいだとはいえ、まだまだ暑い日が多くて、停電で、冷房が入れられない、千葉県の人たちは、大変だろうなあと思います。

ところで、うちの診療室は、このところ毎年限定100冊、早いもの勝ちで、カレンダーを、希望者に差し上げていますが、今年も注文したのが、10月の半ばに届く予定です。

去年は、早々に無くなってしまいました。

今年は、同じ冊数注文したので、欲しい方は、お早めに、おいでください。

10月には、江戸川区民ではないけど、江戸川区民まつりにでるし、フルートやピアノのコンサートチケットもとってあるので、楽しみです。

秋の味覚の美味しい食材も出回るので、今の季節、ちょっと良いですね✨

9月は遊んでばかりだったので、10月も?ではなく、もっと仕事頑張ろうと思うのですが、どうでしょうね?