梅雨空

今、雨が降ったりやんだりしています。

東京の綾瀬は、梅雨真っただ中です。

先週の水曜日、実家の、三郷まで、車で帰りました。自分の車で、2回目のの運転になります。まだまだ、下手なので、周りの皆様に、迷惑かけながら、ですが、実家まで帰れたことは、大変大きな自信になりました。

でも、疲れたので、帰りは、弟に運転してもらい、弟は、電車で帰りました。

今度は、水曜日に、自動車の一か月点検があって、越谷に運転して、行かなくてはいけません。

はじめての道なので、不安は大きいけれど、やってみようと思っています。

さて、運転はともかく、16日に、フルートの発表会があって、シューベルトのアルペジョーネソナタを吹きました。またも、ドキドキすることをやってしまいました。

友人が、聞きに来てくださいました。

22日の土曜日は、午後、診療所をお休みして、久米小百合さんのコンサートを、聞いてきました。世田谷区民会館であったのですが、友人の招待でした。

異邦人で有名は方ですが、最後に、歌ってくださいました。生の久米小百合さんを見たのは初めてですが、可愛らしい人でした。歌も、ピアノもとてもじょうずでした。

とりとめもなく、書いてきましたが、6月は、結構楽しい月でした。

忙しくもあり、充実していて、楽しい予定もいっぱいありました。

梅雨は、雨降りが、ちょっと嫌だけれど、緑が、濃くて、美しく、暑さや寒さも、まだ、そんなに、ひどく大変ということもなくて、過ごしやすい季節で、私は、元気です。

欲を言えば、キリがないけれど、人生で、今が、一番いい時期だと思えます。

初めて新しい車の運転しました。

こわがって、なかなか運転できなかった自分の車ですが、ペーパードライバー教習3回終わって、いよいよ次の日の木曜日6月13日の朝、のって運転しました。早朝だったので、車も人も外には少なくて、天気もよくて、気持ちよく、運転出来ました。家の近く、青井の方をまわって、30分ほど、運転しました。駐車には大変時間がかかりましたが、なんとか入れることが出来ました。

いまだに、怖いことは確かです。もっと教習受けた方がいいのでは、と思わないではないですが。

明日は、フルートの発表会があるので、集中するため、車の運転は終わるまで、やめておきます。

終わったら、もうちょっと練習して、埼玉の実家に帰ってみようと思っています。

車が届いて、ペーパードライバー教習中

5月末に、納車で、弟と一緒にダイハツに行って、弟の運転で、駐車場に入れてもらいました。

予定より、早い納車で、ペーパードライバー教習は、6月1日に、はじめて受けて、教習所の所内でしたが、25年以上ぶりに車の運転をしました。

教習所は、金町自動車教習所で、綾瀬から近くて、金町の駅からも近くて、教官も優しくて、大変良かったです。

とっても、車の運転が、怖かったのですが、教官の方が、居てくれるおかげで、安心して、運転できました。

6月の5日には、路上の教習を受けました。

何とか、事故はなく、運転できたけれど、金町自動車教習所の所内から、路上へは、ビルの3階から、1階へ坂道を、下らなくてはならないという私にとっては、とてつもない試練がありました。

時速50キロって、意外に怖いですね。

慣れないせいでが、怖かったけれど、広い道を運転するのって、気持ちのいいこともありました。

私は、今度は、運転するの好きになるかもしれないなあと思いました。

明日は、3回目の路上教習です。

ちゃんとできますように。

それができたら、いよいよ、自分の車を、運転します。