編み物と音楽

季節が寒くなってきたせいか、手が毛糸の温かさを求めて、診療所のロッカーにあったスタッフが買っておいた毛糸を編み始めました。スヌードを作るつもりです。

編んでいると、温もりが心地よくて、心がほっこりとします。

そして、コンサートの季節なのか?フルートの先生の出演するアンサンブルコンサートに行ったり、マーラーを演奏する水星交響楽団の演奏会に行ったり、豊かな気分になれる音楽を聴く機会に恵まれて、幸せです。

最近、毛糸だまという雑誌も、はじめて買い、カラフルな作品に、目が引き付けられて、憧れます。

編み物といい、音楽といい、楽しいと思えることが、自由にできる今って良いなあと思います。

テレビでソーイングビーというのをやっています。アマチュアの洋裁家が、腕を競う番組です。

私も影響を受けて、ブラウスつくってみました。

とりとめなく、書いてきて、そうそう?これからピアノ発表会の練習しなくちゃって、次に自分がすることに、ワクワクしてます。

カレンダー

今年も去年とは少しデザインは違いますが、カレンダーをつくって、先月の半ばからお配りしています。数は100部ほど、早いもの勝ちです。

昨年は、すぐに無くなって、自分の分もスタッフの分もなくて、来てくれた患者さんにあげてしまいました。

今年も半分以上無くなりました。

本当は、自分でも使いたいようなカレンダーなんです。

楽しみにしてくれる患者さんたちに、今年、最後のプレゼントです。