健康管理

7月に入って、近所のジムに入会しました。

コロナウイルスの影響か?7月に入って、診療所は暇になりました。

少し体力的に余裕があることもあって、やってみようということになりました。

栄養学の勉強もしてるけど、運動はしてませんでした。

体脂肪を減らすためには、有酸素運動が必要とはわかっていましたが。

とりあえず近所のルネサンスというジムに入って、スタッフに聞いて、やってみたのです。

入会すると、スマホにアプリをいれますが、カロママプラスというのがあって、ゲーム感覚で、食事を写真とって送ったり、体重や体脂肪を入力したりしたり、運動を入力したり、すると面白いことに、体重も減ってきて、10日位で1.7キロ減りました。

運動は、ストレッチ、有酸素運動30分、筋トレ💪3種、ストレッチぐらいなんですが、アプリの食事指導のアドバイスが結構面白くて、それに気を付けて、やっていきました。

アドバイスは、栄養の勉強をしたことで、納得できることは多くて、私には励みになっていいです。

スタッフは親切で、聞けばよく教えてくれますし、声もかけてくれて、とっても感じがいいです。

まだ9日しか経ってないけど、一生できる健康管理として習慣作りできたらいいなあと思っています。

フルートのレッスンも始まり、ピアノのレッスンもあるし、だんだん、楽しみがまたできるようになってきました。

仕事も含めて、いろいろ活動できるためには、健康管理が欠かせません。

食事も運動もいい習慣を身につけて、健康になりたいと思っています。

コロナウイルスにも負けないように。

10万円の使い道

国から支給されるお金を私は、女子栄養大学の通信講座に使うことに決めて、まだ振り込まれもしないのに、5月の始め申し込み、8日から勉強を開始しました。

今月、1ヶ月経過し、3冊あるテキストを通読し、第一回目の報告書を提出しました。

どうして、そんなことになったかというと、太りすぎているためダイエットしたかったからで、必要な栄養を定量的に知りたかったということなんです。

ダイエットの本はたくさんあります。でも、カロリーで、消費よりも取り込みが多いと太ることはわかっても、栄養の偏りによる飢餓感があるために、結局リバウンドしたり、体調が悪くなるんじゃないかと思ったりしたので、抽象的で分かりにくい栄養バランスも定量的な数値で知りたかったということなんです。

勉強を開始してみたら、目から鱗で、本当にこうしたらいいというものがあるんですね。

お金を払ったために得られる知識ってあるもので、ありがたいなあと思いました。

一ヶ月が過ぎ体重は変わらないのに、サイズ的に減ったことは驚きでした。まだ、記録つけて、栄養素の種類を整えることしか出来ていませんけど。

少しずつ量を調整できるようになりたいと思っています。

コロナウイルスのお陰で、昔からやりたいと思ったことにチャレンジできて、ありがたいです。

4月には少なくなった患者さんも、5月の後半急に増えて、自費も入って、経営的に大変なこともあるけれど、患者さんが増えてきてありがたいです。

暇なとき、楽してた分、今は、体が大変ですが、やがて適応できるでしょう。

ピアノのレッスンも再開されましたし、フルートにレッスンももうすぐ始まるのではと期待しています。

だんだん、日常が以前に戻ったらいいなあと願うこの頃です。

夢ノート

新緑の季節となりました。コロナのために、ステイホームを余儀なくされ、来院患者さんも減っています。

自粛要請はないものの、うちの歯科医院は、予約がない時は、閉めて、帰ったりしています。

でも、もし、電話が診療所に会ったら、院長・私のスマホに転送されますので、何かあったら、お知らせください。

趣味のフルートや、ピアノのレッスンも延期になって、実家にも帰ることがなくて、今は、診療所近くに住んで、ステイホームしていますから、緊急対応は、できると思っています。

さて、ステイホームしている間に、石黒由美子さんの書かれた「奇跡の夢ノート」という本を読みました。

石黒さんは、北京オリンピックシンクロ日本代表選手で、大きな交通事故にあわれて、順風満帆とはいえない状況を乗り越えて、オリンピックに出るという夢をかなえた方です。

この本は、勝者の自慢話というのではなく、彼女を支えた、周りの方たちや、夢ノートの話が、とっても面白かったです。

夢ノートは、中山庸子さんの書かれた本で、昔読んでいましたが、実際、これを活かして、夢を実現した人の話を、知らなかったので、軽んじていたことは確かです。

また、自分の夢を書き出すなんて、恥ずかしいと感じていたことも確かです。

でも、やってみたら、楽しいかもっと思って、数日前から、書いてみたりしています。

お金もそんなにかからないし、勇気さえあれば、できることです。

すると、結構、今まで、漠然と頭の中をぐるぐるしていたものが、明確になってきてました。

書くって、人に見せないのであれば、そんなに恥ずかしくもないし、楽しいですね。

夢がいつかかないますように。

この本を読まれた方、夢ノートを作ることを、実行して、たくさんの夢の花が、咲きますように。

ともすれば、暗くなりがちな、今日この頃ですが、そんな楽しみ方もあるよというご紹介でした。

新年度始まる

4月になりました。

桜が咲いています。

多くの人にとって、新しい生活が、始まるときです。

まだ、コロナウイルスが、ひろがって、亡くなる方が増えていますが、明るく乗りこえていきましょう。

今、この時を大事に、一生懸命生きて、楽しみましょう。

生活に制限はあるけれど、インドアもなかなか良いものです。

新型コロナウイルスの収束を願う

今の日本は、外の空気も安心して吸えなくなったのか?

毎日、診療所の通う時も、実家に帰る時も、電車やバスに乗る時も、マスクを着用しなくてはいけません。

診療所の使い捨てマスクは、まだあるけれど、普段は、自分で、布マスクを作って、着用しています。

花粉症の時期で、コロナにかかっていなくても、くしゃみが出る人は、多いと思いますが、周りが、ピリピリしているので、そういう人にとって、つらいものがありますね。

診療所は、いつも、一時間に一人なので、かなりゆるゆるの感じであるせいか、いつになく、患者さんが来てくださり、忙しいです。

予約は、結構埋まって、受信を断るケースも出てしまい、ストレスが溜まります。

確定申告の書類は、出し終えましたが、レセプト書きがまだあって、事務仕事は、なかなかはかどりません。

春眠暁を覚えずという言葉があるけれど、どうかすると眠くて、だるくて、かったるいです。

仕事は忙しいけれど、趣味のピアノや、フルートは、レッスンが、お休みで、つまらないです。

そんな中、アマゾンで、あこがれていたフィスラー圧力鍋が、セールで、売っていて、思わず、ぽちっとしてしまいました。

圧力なべで、まず、鶏肉のトマト煮をつくりました。

自分でも、おいしいと思いましたが、実家にもっていったら、母も、弟もおいしいといってくれました。

また、ご飯も、炊いてみましたら、おこわみたいな、プチっとした炊き上がりで、新感触でした。こういうのもいいかも。

次に、牛肉とごぼうの炊き込みご飯を作ってみました。

これは、おいしくて、ご飯をたくさん食べてしまいます。

そんなわけで、食べる楽しみは、圧力鍋のおかげで、増しました。

しばらく、楽しめそうです。

世間が、いろいろ騒がしいですが、めげずに、楽しく生きていきます。

それで、死んだら、その時は、しょうがないと諦めます。

令和2年 新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えました。今年もスタッフとともに、楽しく仕事をしていきたいと思っています。

去年の暮、10月半ばから配り始めた今年のカレンダーは、12月には、配り終えて、患者さんの評判も良かったので、また今年もできたらと思っています。

今年は、特に変わったことをする予定ではないですが、患者さんを早く治して、また、美しい口元を作って、社会生活が、少しでも快適になるように、努めたいと思っています。お口の中は、軽視されがちですが、結構、皆さん、初対面の人の第一印象に前歯、歯並びは、直接、影響しますし、そのことで、運が変わる、特に、対人運が変わるらしいのです。

ちょっとでも、運をよくしたいと思う人は、トイレ掃除よりも、口の中を何とかしたほうがいいと思っています。

患者さんを診ていたら、ひどい状態をほっておく人で、運のいい人は、いません。たとえ、歯の数が少なくても、ちゃんとケアしている人は、社会的にも、いい感じなんです。

若いのに、虫歯をほっておく人は、かわいそうだけれど、年を取ったら、ものが食べられない苦労をすることになるし、それがどんなに悲しいことか、今言ってみたところで、わかってもらえないのが、残念です。

歯の治療は、電球の球を交換するようなわけにはいかないのであって、体が治してくれる部分があり、治療に期間と回数がかかることがあることがあります。

時間が、なかなか取れないという人もいますが、こちらも、なるべく、対応しようと努力していますので、ご相談くださればと思っています。

歯科の仕事は、なかなか、理解されないし、信頼されるまでが、大変だと思っています。

うちは、高価な医療機器がたくさんあるわけでもなく、インプラント、矯正などの、特殊な技術があるわけではありません。

それでも、来てくださる、患者さんの希望にこたえたいと思っています。

診療所は、15周年を迎えましたが、今までも、またこれからも、誠心誠意、治療をしたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。