ベートーヴェンと私

今年は、ベートーベン生誕250年です。コロナのおかげで、大変な年になってしまいました。

私は、今年のフルートの発表会で、ベートーベンのバイオリンソナタ春を演奏するつもりでした。とっても素敵な曲です。それが、中止になってしまいました。とても残念です。

このバイオリンソナタは、のだめカンタービレという漫画の中で、峰君というバイオリニストが、大学の試験で、演奏するというのが出てきて、真一君が、伴奏をしたのです。

春は、青春の春といわんばかりに、熱い演奏でした。

フルートで演奏すると兎角ふわふわした演奏になりがちだそうですが、どうでしょうね。ベートーベンの国の人たちにとっての春は、日本の春と違って、長く暗い冬が明けて、躍動感と、生命力に満ちた季節らしいのです。

沸き起こる幸福感というのか、そういう感じを、私は、北海道の大学時代に経験しているので、そういうことが、表現できたらと思うのです。

今年、フルートは発表会はありませんが、来年は、たくさん練習して、いくらかでも、素人ながら、理想にちかづきたいものです。

さて、今年、フルートの発表会はなくても、ピアノの発表会が、もしかして、クリスマスにありそうです。

大人の発表会は、来年2月7日ですが、その前に、クリスマス会があるそうで、その時に、やはり、ベートーベンのピアノソナタ悲愴第二楽章を弾こうとたくらんでいます。

最近、診療所のユーセンで、この曲をチェロで、演奏したものが流れてきて、とても良かったので、私が、自分の手で、演奏できたらいいなあと思って、ピアノの先生に相談したら、いいよというので、やることにしたのです。

それは、最近練習を始めたので、間に合うかどうかわかりませんが。

これも、のだめカンタービレに登場するのですが、のだめが、口ずさんでいるのが、耳に、残っています。

それはともかく、悲愴は、深い悲しみを意味する、ベートーベンが、名付けたピアノソナタだそうで、暗いと思っていたら、何とも、穏やかで、まるで、天国を、夢見て、現実の世界から、逃避しているのではないかと思うほど、苦しみや、悲しみを、突き抜けたような境地を表しているような気がします。

コロナウイルスや、天災で、亡くなった方や、仕事がなくて、生活が苦しい方も多いことでしょう。そんな時代に、この曲を演奏することで、いくらか、慰めを、感じたいなあと思うのです。

暗いニュースが多いですね。

テレビを見るのがつらいほどです。

うちの診療所は、幸いにして、患者さんが来てくださり、感謝しています。おかげで、まだしばらくは、続けることができそうです。

音楽で、心を落ち着けて、毎日の診療、頑張ります。

日々感謝しています。ありがとうございます。

健康管理

7月に入って、近所のジムに入会しました。

コロナウイルスの影響か?7月に入って、診療所は暇になりました。

少し体力的に余裕があることもあって、やってみようということになりました。

栄養学の勉強もしてるけど、運動はしてませんでした。

体脂肪を減らすためには、有酸素運動が必要とはわかっていましたが。

とりあえず近所のルネサンスというジムに入って、スタッフに聞いて、やってみたのです。

入会すると、スマホにアプリをいれますが、カロママプラスというのがあって、ゲーム感覚で、食事を写真とって送ったり、体重や体脂肪を入力したりしたり、運動を入力したり、すると面白いことに、体重も減ってきて、10日位で1.7キロ減りました。

運動は、ストレッチ、有酸素運動30分、筋トレ💪3種、ストレッチぐらいなんですが、アプリの食事指導のアドバイスが結構面白くて、それに気を付けて、やっていきました。

アドバイスは、栄養の勉強をしたことで、納得できることは多くて、私には励みになっていいです。

スタッフは親切で、聞けばよく教えてくれますし、声もかけてくれて、とっても感じがいいです。

まだ9日しか経ってないけど、一生できる健康管理として習慣作りできたらいいなあと思っています。

フルートのレッスンも始まり、ピアノのレッスンもあるし、だんだん、楽しみがまたできるようになってきました。

仕事も含めて、いろいろ活動できるためには、健康管理が欠かせません。

食事も運動もいい習慣を身につけて、健康になりたいと思っています。

コロナウイルスにも負けないように。