お盆を迎えて

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨が明けて、暑い夏がやってきて、毎日、体温に近い気温が続いています。夏の暑い間は、おとなしく診療室にいる予定です。

お盆になって、技工士さんたちは、お休みに入ります。そうすると、型をとっても、出来上がるまで、いつもより、時間がかかりますが、そういう事情なので、仕方がありません。

スタッフのAさんは、秋田出身なので、10日から、帰省しますので、診療所は、私一人で、寂しいです。

今年のはじめ、父方の親戚の墓参りをしましたが、父の墓参りはまだです。8月の20日に、お寺の施餓鬼があって、母と弟が、墓参りします。なんとなく、いけないでいます。今年は行くつもりでしたが、今年も行かないことにしました。

9月になったら、母と弟を鬼怒川の温泉に連れて行こうと思っています。また、吹奏楽の練習も始まり、忙しくなることでしょう。

じゃあ、8月は、どうするかというと、診察室の奥の部屋に、壁一面に棚を入れる予定なので、部屋の片づけや、準備をしなくては、いけないわけです。

最近は、車を買ったり、棚を買ったり、高価なフライパンを買ったり(関係ないか?)、旅行の予定を立てたり、お金をたくさん使っているので、自粛しようと思っています。

大金持ちではありませんから、使いすぎると、反省し、自粛するわけです。

いつまで続くかわかりませんが。

まあ、人生は、楽しく過ごしたいし、反省はしても、お金を、墓まで、持ってはいけないしね。バランス感覚が必要かもね。

8月は、大人しくしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です