年の終わりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様、お元気でしょうか?

コロナの影響で、今年は、経済的にも生活上も大変な年となってしまいました。

こんなことを去年の今頃全然予想もしていませんでした。

うちの歯科医院は、どうにか、経営的にも皆様が来てくださるおかげで、なんとかなっています。

今年は、国から、慰労金やら、支援金やら、給付金やら、不労所得をたくさんいただいて、驚いています。

こんなことって、ないことですから。

異常な年であったと思います。

私は、これらのお金を、診療所の備品をそろえたり、女子栄養大学の通信教育を受けるために使ったり、母や弟を連れての草津旅行に行ったりすることに使いました。

健康を考えて、ジムのルネッサンスにかよったりもしました。

今は、コロナにかかることもなく、元気に過ごしています。

毎年、参加していた、吹奏楽の演奏会も中止となり、聞きに行くコンサートもなかなかなくて、寂しい年ではありました。

来年の事を言えば鬼が笑うといいますが、早くコロナが終息したらいいなあと思っています。

2月には、ピアノの発表会が予定されています。

今回は、ベートーヴェンのピアノソナタ悲愴から、第二楽章を弾く予定です。

まだまだ、うまく弾けません。

でも、そんことを楽しみに、日々過ごしています。

それから、今年年末に近く、開業当初働いてくださって、大変お世話になった衛生士さんが、72歳という若さで亡くなってしまいました。

ご冥福を祈っています。

開業して、17年目に入ります。

今思えば、長いようで、短い年月でした。

開業前から、私が診ていた患者さんが、今も来てくださり、付き合いも20年ぐらいになりますねえなんて、話しています。ありがたいことです。

どんな未来が、待ち受けているかわかりませんが、縁を大事に、精一杯、仕事をしていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です