令和3年 あけましておめでとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい年になりました。コロナの影響が心配ですが、自分にできる限り、仕事も趣味も楽しくやっていきたいと思っています。

国の政策のおかげで、助成金が出て、タービンを人ごとに交換できるようになりました。

また、超音波洗浄機なども買うことができ、診療所の衛生状態が、向上しました。

これからも、もっと改善をして、清潔安心の医療を提供し、結果を早く出せるように努めていきます。

歯科診療所というのは、感染症対策が、大事であることは、昔からです。

肝炎や、エイズや、梅毒に、結核など、たくさんの病気を持った患者さんがいます。

だからこそ、コロナでなくても、器具を滅菌消毒することは、あたりまえですし、タオルや、エプロンなども、洗濯して、人ごとにかえています。

うちの診療所の場合、一時間に1人という予約の取り方ですので、3密にならないし、治療以外の時間は、チェアの清掃などに時間と手間とかけています。

それでも、もし、自分が感染するとしたら、しょうがないです。

覚悟を決めて、診療をするしかありません。

生きているうち、楽しく過ごし、何があっても、悔いが残らないようにしていきたいと思っています。

今年、院長、私は、還暦を迎えます。開業して、17年目に入りました。

節目の年に、何か記念になることをしたいと思っています。

皆様、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です