ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
コスモスデンタルクリニックの院長のブログです。

ブログ一覧

令和2年 新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えました。今年もスタッフとともに、楽しく仕事をしていきたいと思っています。

去年の暮、10月半ばから配り始めた今年のカレンダーは、12月には、配り終えて、患者さんの評判も良かったので、また今年もできたらと思っています。

今年は、特に変わったことをする予定ではないですが、患者さんを早く治して、また、美しい口元を作って、社会生活が、少しでも快適になるように、努めたいと思っています。お口の中は、軽視されがちですが、結構、皆さん、初対面の人の第一印象に前歯、歯並びは、直接、影響しますし、そのことで、運が変わる、特に、対人運が変わるらしいのです。

ちょっとでも、運をよくしたいと思う人は、トイレ掃除よりも、口の中を何とかしたほうがいいと思っています。

患者さんを診ていたら、ひどい状態をほっておく人で、運のいい人は、いません。たとえ、歯の数が少なくても、ちゃんとケアしている人は、社会的にも、いい感じなんです。

若いのに、虫歯をほっておく人は、かわいそうだけれど、年を取ったら、ものが食べられない苦労をすることになるし、それがどんなに悲しいことか、今言ってみたところで、わかってもらえないのが、残念です。

歯の治療は、電球の球を交換するようなわけにはいかないのであって、体が治してくれる部分があり、治療に期間と回数がかかることがあることがあります。

時間が、なかなか取れないという人もいますが、こちらも、なるべく、対応しようと努力していますので、ご相談くださればと思っています。

歯科の仕事は、なかなか、理解されないし、信頼されるまでが、大変だと思っています。

うちは、高価な医療機器がたくさんあるわけでもなく、インプラント、矯正などの、特殊な技術があるわけではありません。

それでも、来てくださる、患者さんの希望にこたえたいと思っています。

診療所は、15周年を迎えましたが、今までも、またこれからも、誠心誠意、治療をしたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。

もうすぐ新年

あと一月程で、今年が終わります。

皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

私は、12月1日にフルートのコンサートを聞きに行ったり、12月3日には、母と文楽見に行ったり、12月8日には、ピアノの発表会兼クリスマス会があります。

来年の神田小川町雪だるまフェアの吹奏楽の練習や、リベンジ合唱祭の練習なんかも始まり、遊ぶ予定で忙しいです。

体調は、なぜか、絶好調です。

今日はスタッフが、クリスマスツリーを飾ってくれました。

年末はギリギリまで、仕事をしようと思っています。

遊びも仕事も一生懸命楽しんでやります。

よろしく😃✌

編み物と音楽

季節が寒くなってきたせいか、手が毛糸の温かさを求めて、診療所のロッカーにあったスタッフが買っておいた毛糸を編み始めました。スヌードを作るつもりです。

編んでいると、温もりが心地よくて、心がほっこりとします。

そして、コンサートの季節なのか?フルートの先生の出演するアンサンブルコンサートに行ったり、マーラーを演奏する水星交響楽団の演奏会に行ったり、豊かな気分になれる音楽を聴く機会に恵まれて、幸せです。

最近、毛糸だまという雑誌も、はじめて買い、カラフルな作品に、目が引き付けられて、憧れます。

編み物といい、音楽といい、楽しいと思えることが、自由にできる今って良いなあと思います。

テレビでソーイングビーというのをやっています。アマチュアの洋裁家が、腕を競う番組です。

私も影響を受けて、ブラウスつくってみました。

とりとめなく、書いてきて、そうそう🎵これからピアノ発表会の練習しなくちゃって、次に自分がすることに、ワクワクしてます。

カレンダー

今年も去年とは少しデザインは違いますが、カレンダーをつくって、先月の半ばからお配りしています。数は100部ほど、早いもの勝ちです。

昨年は、すぐに無くなって、自分の分もスタッフの分もなくて、来てくれた患者さんにあげてしまいました。

今年も半分以上無くなりました。

本当は、自分でも使いたいようなカレンダーなんです。

楽しみにしてくれる患者さんたちに、今年、最後のプレゼントです。

台風19号が過ぎて

土曜日朝から雨が降っていて、台風が近づいてくるといって、テレビが騒いでいましたが、怖くなって、予約をキャンセルさせていただき、急遽、休診にしました。

実は、前の日の金曜日も、午後休診しました。

台風の準備をするためでもあり、夜にあった岡本和也ピアノリサイタルを聞きに行くためでもありました。

台風は、とても大型で、スーパーが休みになるというので、食材を買っておかないといけなかったし、ピアノは、中止にはならないとメールで知ったので、行こうと思っていました。

昨日、土曜日は、いったん朝に、診療所に来たものの、すぐに帰って、家で、ずーっと過ごしました。

こんなに、家にいることは久しぶりで、私にはとても珍しいことでした。

夜が近づくにしたがって、だんだん雨風が強くなり、緊急避難勧告のメールが何度もスマホに送られてきました。

河川があふれるというのです。

自宅は、3階にあったので、命まではとられないだろうと思っていましたが、診療所は、1階だったため、流されることもあるんだろうなあと思い、ちょっと悲しく思っていました。

夜の2時に、外を見たら、月が出ていて、雨が上がっていました。

もしかしたら、大丈夫かもしれないとほっとして、でもまだ、川があふれることを心配しつつ、眠りました。

朝起きて、診療所と、駐車場の愛車を見て、ホッとしました。

怖い台風でした。

13日日曜日に行われるはずだった、野外コンサートは中止になりました。

そして、夜に予定されていたフルートのレッスンもなくなり、今日は、閑です。

テレビを見たら、確かに、大変な被害があって、台風の爪痕は、深かったです。

患者さんたちや、これを見られる方たちが、無事であることを祈っています。

前後しますが、ピアノリサイタルは大変すばらしいものでした。

台風が心配だったけれど、行って本当に良かったです。岡本和也先生は、フルートの発表会の時に、伴奏していただいたことがあったのですが、ゆっくり聞くことができなかったので、この機会に、聞くことができてよかったです。

ショパンの24の前奏曲を全曲演奏されたのもすごかったけれど、魔法使いの弟子という曲は、ディズニーの映画のオーケストラで演奏されている曲を思い出し、映像が浮かんでくるような演奏でした。

ドビュッシーの版画もよかったです。私は、今、ピアノの発表会に、ドビュッシーの夢を弾くために、練習しているのですが、揺れるような音楽の世界が、素敵だけれど、表現するのが、難しいと思っていて、サラッと弾いているように見えて、すごいなあと思いますし、表現も、深いなあと思いました。

CDがほしいと思いましたが、この音楽は、生で聞くからいいのかもしれないです。席は、自由席だったので、一番前の席で聞いていましたが、ピアノも、会場のJTアートホールの響きも、ピアニストの腕も、とてもよかったのです。

またやってくれるといいなあ、聞きに行きたいです。

このようなソロコンサートは、5年ぶりだそうです。

たくさんのお客さんが来ていましたが、若い美人のお客さんが多くて、アイドルみたいですね。

またやってくださいね。楽しみにしています。