ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
院長のブログです。

ブログ一覧

エアーフローの粉

これまで、エアーフローという機械で、口腔内の清掃をさせていただいてきました。いわゆる粉と水が出てきて、歯の汚れを落とす機械です。

粉に、塩分があるということで、塩分制限を、厳しくしている患者さんから、クレームがありました。

そこで、今までの、粉と変わって、グリシンという成分の塩分を含まない粉に、変えていくいことになりました。

フレーバーもレモンからミントに、変わります。

エアーフローは、歯の質を痛めることが、少ないと思うので、これからも採用していこうと思っています。

定期健診及び、歯の掃除の際には、お気づきの点がございましたら、申し付けください。

紅葉の季節

銀杏並木が、黄色に染まり、冬が深まりつつあります。

暖かな日が多かった年ですが、そろそろ寒くなってきたのです。

コロナの新規感染者が、激減して、緊急事態宣言が解除されて、人が、動き出しているようです。

私も、友人に誘われて、合唱付きのコンサートや吹奏楽の定期演奏会に、行きました。

コロナの感染対策があって、それぞれ、工夫されていました。

私は、それでも、聞きに行けて、うれしかったです。

10月の半ばから配り始めた、来年のカレンダーは、まだまだありますが、今年は、絵手紙がテーマです。

毎年、デザインを変えているのです。

今年選んだ、来年のカレンダーは、気に入ってもらえるだろうかと心配でしたが、絵手紙を趣味にされている方も何人かいて好意的な意見もきかれて、よかったなあと思っています。

今年は、栄養大学の通信教育も終了し、10月のフルートの発表会も参加できたし、2月のピアノの発表会もさんかできました。

今年の予定であとは、今編んでいるカーディガンを編み上げて、来年に備えて、2月にあるピアノの発表会の曲を、仕上げられたらいいなあと思っています。

来年の2月、リストのコンソレーション第3番弾きます。

今は、まだまだだめだけど、きれいないい曲です。

10月に還暦を迎え、人生の残りも見えてきそうです。

あとどれだけのことができるでしょうね。

無理せず、淡々と、楽しみながら、ピアノにしても、フルートにしても、仕事も、洋裁も、編み物も、やっていきたいと思っています。

一つにまとめたいけど、できそうにありません。よくばりなもので。

では、欲満載に、人生を楽しんでいきます。

奥田美保子

鬼怒川温泉旅行

診療所を休みにして、10月19日、20日一泊温泉旅行に行ってきました。

母と弟と私の3人は、車で、行ったのですが、初めは降っていた雨も次第にやんで、寒かったけれども、だんだん暖かくなってきました。

20日は、天候も良くドライブにいい感じでした。

泊まったホテルは、2年前に泊まったホテルで、私のうちに、郵送で、ホテルからバースデーカードが届いて、思い立って、行くことにしたのですが、母も88歳で、弟も55歳で、還暦の私というそれぞれに年齢が節目だったのです。

温泉は、きれいで、3回も入りました。

夕食の時のバイキングの時に、スイーツのプレートを誕生祝にとつけてくれました。楽しい旅行でした。

私は、14日に還暦を迎え、年を感じていますが、まだまだ気持ちは、若い気でいるので、これからも、たくさん仕事に趣味に、楽しく人生を送っていこうと思っています。

60年間いろいろあったけれども、自分なりに、最善と思う選択をしてきました。

生まれも、育ちも、自分で、選べないこともあるけれど、それにしても、スタッフから強運だねと言われるように、人生を生きてきて、後悔はありません。

世の中は、移り変わりが早く、この先のことは、わかりませんが、今の幸せが続くことを祈っています。

母も、まだ、元気で、介護の必要もなく、家事などもできるので、頼もしいし、助かります。

患者さんには、休診で、迷惑をかけた部分もあると思います。

すみませんでした。

感謝しつつ、また、これから仕事ちゃんとやります。

よろしくお願いします。

10月になりました。

お元気ですか?

私は元気です。

コロナが、流行っているけれど、患者さんは来てくださっています。とてもありがたく思っています。

東京の新規感染者は、一時期よりもだいぶ減りました。

私は、医療従事者優先接種のおかげで、2回接種が終わっていて、大丈夫だろうと思っていますが、これまで通り、感染症対策やっていこうと思っています。

とはいっても、今年もあと残すところ3か月を切りまして、どこも行かない生活をしていましたのですが、車で温泉に行くのはどうだろう?と思って、弟と、私と、母の3人で、出かける予定を立てました。

今月私は、還暦を迎えますし、先月は、弟が、55歳、母が、88歳なので、節目なので、3人のお祝いをしたいと思っています。

実家の埼玉へは、コロナのため、そうそう帰れませんので、母とは、最近電話で、お話しすることが多いのですが、母は元気そうです。

88歳になっても、編み物をしたり、ソーイングしたり、畑仕事、料理などの家事をこなし、買い物にも出かけます。

ほしいものを聞いたら、体力と時間だそうです。

同じような年で、認知症になっていたり、寝たきりになっていたり、といった人も多いと思いますが、多少ボケてるところはあるでしょうが、元気なので、助かっています。

同居している弟がいてくれるのも、助かります。

今度の旅行も、運転は、弟に任せます。

私も、運転はできないことないのですが、弟のほうが、上手なので、安心です。

楽しみにしています。

最近は、マーケットに行って、買い物をすると、秋らしくおいしいものがいっぱい並んでいます。

栗ご飯作ったり、美味しい海鞘の酢の物を作ったり、果物のカキやブドウやリンゴなどもでまわっています。

野菜が、少々お高いのですが、食事を作るのに、楽しい季節です。

毎日、朝、3食分の食事を作って、朝ご飯は、家で食べて、昼夜は、お弁当を持って行っています。

8月の前半から、続けていますが、おかげか、体重が少し減って、昔の服が着られるようになりました。

それで、今日のような台風の日に着るレインコートが、着られるようになって、うれしいです。

栄養大学の通信教育は、9月30日まで、在籍する必要があり、試験には通ったので、10月に、修了書が届くそうです。

10月の17日には、フルートの発表会がある予定です。

今年は、ピアソラの生誕100年なので、タンゴの歴史を演奏します。

カフェ1930です。

先週、愛器のフルートを調整してもらいました。

試しに吹かせていただきましたが、調整は、完璧です。

さすがに、ムラマツだと思います。

それも、楽しみです。

毎日、大変なことも多いようで、こうして書いてみたら、楽しいこといっぱいです。

人生の選択で、楽をとるよりも、楽しいことを選択したいと思って、今まで生きてきました。

いい人生じゃないかと思っています。

変な自慢話のようですね。ごめんなさい。

皆様も幸せに楽しく過ごされますように。

秋になりました

ギラギラした夏の暑さは、去り、涼しくなってきました。

朝は、日の出が、遅くなり、夕方の日の入りが、早くなってきました。

そうなると、いやでももうすぐ今年が終わるのだなあと思わずにはいられない気分になります。

夏の早いうちに、頼んでおいた来年のカレンダーは、10月の14日ごろ届くで予定です。

今年は、去年に続き、たくさん注文したので、あまりこそすれ、足りなくなることはないでしょう。

来年のカレンダーは、絵手紙を題材にしたものです。

見やすいように、大きな数字で書かれていて、書き込みができるスペースがとってあります。

いつもの年のように、かわいいものを期待されるかもしれませんが、ちょっと違うかもしれないので、患者さんに気に入ってもらえるかどうか、不安ではあります。

ずっと先のように思っていたのですが、もう1ヵ月ないので、少々驚きます。

でも、患者さんに渡して、喜んでもらえたらいいなあと楽しみにしています。

私の還暦の誕生日も同じころやってきます。

早いもので、開業してから、もうすぐ17年たとうとしています。

昔、還暦といえば、すごい年寄りと思っていたのですが、自分がそんな年になったというのに、実感がわかなくて、若い気でいます。

周りから見たら、すごい年寄りと思われているのでしょうね。

でも、気持ちは、開業してから、変わっていない気でいるんです。

おかしいですね。

還暦を記念して、ではないけれど、10月の19日20日と、一泊の温泉旅行に行くつもりです。

母と弟と私の3人で、車に乗っていきます。

それから、17日には、フルートの発表会もあって、ピアソラのタンゴの歴史、カフェ1930を吹きます。

あわただしく、予定の多い誕生月になりそうです。

栄養と料理の専門職業コースの添削は、終わる予定です。

もう週末試験を提出しました。

一年間、栄養の勉強してきました。

一生の財産です。

なんだか、うれしいです。

では、皆さん、お元気で。