令和3年の終わりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も残すところわずかになりました。

コロナが流行っていますが、今年も何とかかかることなくてよかったです。

油断はなりませんが。

コロナのワクチン2回接種は、今年7月に終わって、今度来年には、3回目の接種をすることになるでしょう。

今年は、7月の七夕の日に、チェアとレントゲンを入れ替えるということをしました。

そして、院長私は、還暦を迎えました。

特にだからといって、特別のことはしませんでした。

老人なんだという自覚もなく、日々の忙しさに追われています。

後どのくらい、仕事をし、生きていけるかわからないですが、日々、大切に過ごして、悔いないように生きていけたらと思います。

今年も、なんとか、患者さんが来てくれて、診療所を続けることができました。

とてもありがたく、感謝の気持ちがわいてきます。

趣味のフルートやピアノも続けています。

贅沢だと思うのですが、何時も、頭の中に、それらがあって、きっとそれは、夢とか憧れとか、そういうものに、近づきたいというものなのでしょうね。

そういうものは、大事にしたいなあと思います。

来年は、令和4年、どんな年になるでしょう。

よい年になりますように。

皆様、お元気で、お過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA